確定申告とは?

所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算する手続です。源泉徴収された税金がある場合や前年の税額が多かったために予定納税をしている場合には、その過不足を確定申告によって精算します。

 

確定申告をする必要のある人は?

・事業を行っている方
・不動産の賃貸を行っている方

・一定額以上の年金を受給している方

・資産を売却した方(不動産や骨董品・貴金属等)

・有価証券を売却して利益が出た方(特定口座の場合を除く)

・給与が2,000万円を超える方
・給与を2ヶ所以上から受け取っている方
・給与以外の所得が一定額以上ある方(原稿料など)

はじめて住宅ローン控除を受けようとする方 

 

※ 詳細は、国税庁HP『確定申告・還付申告に関するQ&A』にてご確認いただくか、当事務所にお気軽にお尋ねください。

 

確定申告の時期

平成29年分所得税確定申告の期限は、平成30年2月16日から3月15日までです。

還付申告については、それ以前でも行えます。

 

当事務所の確定申告の流れ

①お問い合わせ

まずはメールかお電話でお問い合せ下さい。お打ち合わせの日程を調整いたします。

②お打ち合わせ(無料)

確定申告の流れをご説明するとともに、必要となる資料や書類をお願いいたします。

③確定申告書の作成

必要書類が揃い次第、決算書、確定申告書の作成作業に入ります。 作成の過程で気付いた経費の計上漏れや資料の不備などは随時ご連絡し、無駄な税金を払うことのないように適切にアドバイスいたします。

④結果のご報告とご捺印、納付書のお渡し

決算及び確定申告の内容、納税額などについてご説明いたしますので、ご納得いただけましたらご捺印をお願いいたします。その際、法人化など今後の事業展開についてのご相談なども承ります。

また、納付書をお渡しいたしますので、3月15日までに金融機関等でお納めください。 口座振替による納税(振替日は4月20日)をご希望の方は、振替手続きも承ります。

※ 申告は電子申告(e-TAX)で行いますが、控えとなる決算書や申告書にはご捺印を頂いております。

⑤申告(電子申告)

電子申告(e-TAX) により当事務所が責任を持って申告書の提出をいたします。この時期大変混雑する税務署窓口にご自身で並ぶ必要がなく、大変便利です。

⑥お控えのご郵送

決算書や申告書、電子申告データの受付票などをご郵送いたします。7年間の保管義務がございますので、大切に保管してください。